ページ内を移動するためのリンクです。

健康保険ガイド

  • 健康保険に加入する人
  • 保険証
  • 保険料
  • 健康保険の給付
  • 退職後の医療保険
  • 退職後の医療保険
  • 引き続き健康保険に加入したいとき
  • 退職したあとの継続給付
  • 70歳以上の高齢者が病気やけがをしたとき
  • 75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度で
  • 退職者医療制度(経過措置)
現在表示しているページ
HOME
健康保険ガイド
退職後の医療保険
退職者医療制度(経過措置)

退職者医療制度(経過措置)

 退職者医療制度とは、退職して国民健康保険の被保険者となった人が、一定の条件を満たす場合に加入する制度です。保険料や保険給付は加入している国民健康保険に準じますが、健康保険と同様の認定基準を満たす扶養家族がいる場合は、退職者医療制度でも被扶養者の適用を受けます。この退職者医療制度を運営する財源として、健康保険組合は拠出金を負担しています。
 なお、平成20年4月から、新しい高齢者医療制度の創設に伴い、退職者医療制度は廃止されましたが、平成26年度までの間における65歳未満の退職被保険者等が65歳になるまでは経過的に存続することになっています。

退職者医療制度の加入条件

  • 65歳未満であること
  • 国民健康保険の被保険者であること
  • 厚生年金などの被用者年金の加入期間が20年以上ある老齢(退職)年金受給権者または40歳以降の年金加入期間が10年以上ある老齢(退職)年金受給権者であること
  • back
  • top