ページ内を移動するためのリンクです。

健康保険ガイド

  • 健康保険に加入する人
  • 保険証
  • 保険料
  • 健康保険の給付
  • 退職後の医療保険
  • 退職後の医療保険
  • 引き続き健康保険に加入したいとき
  • 退職したあとの継続給付
  • 70歳以上の高齢者が病気やけがをしたとき
  • 75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度で
  • 退職者医療制度(経過措置)
現在表示しているページ
HOME
健康保険ガイド
退職後の医療保険
引き続き健康保険に加入したいとき

引き続き健康保険に加入したいとき

 退職すると翌日から健康保険の被保険者の資格を自動的に失いますが、退職の日まで継続して2ヵ月以上被保険者であった人は、退職したあと引きつづき任意継続被保険者として健康保険に加入することができます。
 任意継続被保険者には最長2年間なることができますが、75歳になった場合は後期高齢者医療制度に加入するため、その時点で任意継続被保険者の資格は喪失します。

任意継続被保険者の保険料

 任意継続被保険者の標準報酬は退職したときの標準報酬か、前年度9月30日現在の当組合の全被保険者の標準報酬の平均額のいずれか低い額となります。それに当組合の保険料率をかけた額が保険料です。なお、保険料は全額自己負担となりますが、賞与に係る保険料負担はありません。
 また、40歳以上65歳未満の人は介護保険料も全額負担します。

保険料の納付期限

 当月分の保険料は、その月の10日までに納付してください。納付しないと任意継続被保険者の資格がなくなります。
 また前納制度もあり、1年単位で納める場合は割引となります。

資格がなくなるとき

 (1)任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
 (2)再就職をして他の医療保険の被保険者となったとき
 (3)任意継続被保険者が死亡したとき
 (4)保険料を期限までに納めなかったとき
 (5)75歳になったとき

  • back
  • top